ヴァイオリン

塩川 翔子

5歳よりピアノ、6歳よりヴァイオリンを始める。
兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業後、2008年桐朋学園大学入学。
2009年、ウィーン国立音楽大学マスタークラスに奨学金を得て参加し、ロスヴィータ・ランダッハー氏に師事、デュプロマ取得。受講生コンサートに出演。
在学中にクラリネット五重奏として室内楽を組み、Jeunesse Quintetとして2010年秋より毎年荻窪音楽祭に出演。全日本学生音楽コンクール大阪大会入選。
第10回日本クラシック音楽コンクール小学校の部優秀賞受賞。
第15・16・17回同コンクール高校の部全国大会入選。
第19回同コンクール大学の部好演賞。第6回関西弦楽コンクール優秀賞受賞。同受賞者コンサート出演。
2012年3月桐朋学園大学卒業。

これまでヴァイオリンを石井いずみ、稲垣美奈子、山岡耕筰、清水高師、漆原啓子、加藤知子各氏に師事。
室内楽を藤井一興、銅銀久弥、藤原真理各氏に師事。

© 2016 by Hachioji Music School